×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
  掲示板
<怪談奇談「こびと」解決編>
 日本政府は、国民に体格改良剤を与えて、一斉に服用させた。
数年後、国内は新人類で溢れ、食糧自給率は100%以上に上昇、食糧難が解決した。更に、国民の体格は1/10に縮小し「こびと」化されため、食料は大量に余った。米国は、利用価値が無くなった日本から撤退した。
戻る

目次へ
<怪談奇談「第二次弥生時代」解決編>
 日本では、商団連が官僚とマスコミを操り、公自党が政権を握った。
だが、格差拡大のため、国民の不満が爆発、公自党は米国に亡命し、日本は破産した。一方、戦乱を逃れた中華国の難民1億人が日本に亡命。
やがて、日本人と中華国の難民が同化し『第二次弥生時代』になった。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「カラス」解決編>
 警察が現場に到着した時、記者室には、うめき声が充満していた。
鑑識の鑑定で、記者らが殺したカラスの遺骸から、放射能が検出された。
重体の記者に「住住化学」が開発した放射能解毒剤を投与すると快復した。その後、商団連が記者を操り『カネはペンよりも強し』になった。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「真珠湾」解決編>
 米空軍は、着陸命令に従わない旧日本軍の爆撃機に対しミサイルを発射!!全て外れた!。APEC主催国の米大統領は、ペットのドジョウを伴い専用機で脱出を試みた時、米空軍のミサイルが命中!誤爆された。
そして、旧日本軍の爆撃機隊は、ミッドウェー方面に煙の如く消えた。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「札束」解決編>
 捜査員が商団連会長宅の捜査中に、奇妙な「照明器具」を発見した。『札束』を焚いた炎で照明をしていたようだ。また、トイレには、「トイレットペーパー」用として『札束』が置いてあった。「冷蔵庫」の中にも『札束』があり、デザート代わりに食べていたようだ。警察は、会長を事故死として処理した。
 商団連会長の葬儀は盛大に営まれ、棺の中は『札束』で埋められた。
会長の魂は極楽に向かったが、『札束』の重さに耐えきれず地獄へ落下した。会長は地獄の一丁目で、閻魔大王の側近らを『札束』で買収、閻魔を王座から引きづり降ろし、自ら乗っ取った。地獄の沙汰も『札束』次第になった。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「臓器移植」解決編> 
 両親が玄関ドアを開けた時、娘の姿は静かに消えた。幻かと思い、部屋に戻ると見知らぬ女性が仏壇の前で泣いていた。両親が事情を聞くと、女性は「あなたの娘です」と答えた。両親が担当医師から事実を聞き仰天した。事故死した娘の「脳」は見知らぬ女性に移植されていた。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「人工心臓」解決編>
 両親は、医者から2人とも人工心臓だったことを告げられた。
また、『前世で心臓を提供したドナーの生まれ変わり』だったため、生まれつき「心臓が無かった」と言う。そのため、密かに人工心臓を埋め込んだと説明された。しかも、子供達の前世に、心臓を移植をされたのは両親であった。
戻る

目次へ
<怪談奇談「日本侵略」解決編>
 玄界灘にも侵略軍の大機動部隊が出現、福岡に上陸を開始した。
国防隊が、首都に防衛線を敷いた時、侵略軍の侵攻は止まった。国防隊の索敵機から『侵略軍は撤退を開始、敵兵の遺体が散乱している』との報告を受けた。日本の放射能に『免疫力のない侵略軍』は全滅した。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「不審船」解決編>
 国防隊が、中国の緊急放送を傍受した内容によると、原発が大爆発を起こした為、中国政府は国民に避難勧告を発令した模様。日本では、航空国防隊が緊急発進したが、不審船団は日本海を漂っていた。
やがて不審船が日本沿岸に漂着した。国防隊は避難民と被曝遺体の惨状を見た。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「指紋」解決編>
 警察は、元女子アナを重要参考人として取り調べたがアリバイが成立した。鑑識班が、全閣僚の私邸を捜査した所、原発立地市長から贈られた「カニの中元ギフト」と「指紋付き手袋」が発見された。その後、『人工皮膚手袋』が流行したため「指紋鑑定」は証拠にならず迷宮入りになった。
次のコラムは、怪談奇談の内容とは全く関係ありません。 
<敦賀市長を告発へ「歳暮のカニ」贈賄容疑で>
 原発3基が立地する福井県敦賀市の河瀬一治市長が公費を使い、細野豪志原発事故担当相ら国会議員に歳暮として越前ガニを贈っていた問題で、敦賀市の住民が贈賄容疑で河瀬市長を告発する。
★47news[共同通信]「敦賀市長を告発へ 「歳暮のカニ」贈賄容疑で」
 47NEWS
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「食べて支えよう」解決編>
 政府の安全宣言を信じて農作物を食べた年輩者は、内部被曝による癌を発症し、膨大な医療費が税金で賄われ、国は財政破綻に陥った。
更に、年輩者が支える一次産業も壊滅した。一方、農作物を食べなかったマスコミ人は、平然として医療費捻出のための増税を煽った。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「非常事態宣言」解決編>
 国道は避難車両で麻痺、鉄道・空港・港湾にも避難民が殺到した。
警察は、テレビ局にも避難を要請したが、社内には誰もいなかった。それでも、必死の緊急放送は続いた。やがて死の灰はアメリカ本土を直撃した。原発爆発前から日本を脱出していたテレビ局は放射能で消滅した。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「ドジョウ」解決編>
 環境省の調査で、大量に発生した『ドジョウ』から高濃度の放射性物質が検出された。『ドジョウ』は、総理官邸の池から水路を通って、村の農業用水を汚染したことが判明した。採取した”土壌”からは、大量のセシウムとプルトニウムが検出され、その結果、野菜畑も放射能で汚染された。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「ドアノブ」解決編>
 司法解剖でも凶器は不明だったが、別荘の前で血痕を発見、近くで「鋭利な氷」が見つかり放射能が検出された。女性は被曝死だった。
管理人が別荘の清掃をした時、ドアノブが何者かに交換されていた。
裁判では、ドアノブの指紋が決めてとなり、政治家は「冤罪で死刑」にされた。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「度胸試し」解決編>
 社員が旅館に逃げ帰ると、同僚は酒に酔って眠っていた。社員もホッとして休んだところに死人が現れた。ビクビクしている社員に、墓地から持ってきた団子を渡すと静かに消えていった。その団子には、セシウムが混入していた。死人は、原発事故を起こした所長の幽霊だった。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「刑法39条」解決編>
 原発事故以降、精神障害者が著しく増加した。その為、国は刑法39条を削除し全ての障害者を抹殺した。障害者団体は、それに対抗するため精神鑑定時だけ健常者になる安定剤を、障害者に配布した。やがて政治家や官僚その親族も精神障害を患い自ら作った法で抹殺された。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「クーデター」解決編>
 欧米諸国は、経済破綻で国家が崩壊した。国を失った人民は、貧困と飢えのため次々と餓死した。日本救国政権は、中国から中東まで進出し、アジア連合が成立した。救国政権が率いるアジア連合は、豊富な資源と科学と技術力により、全世界を制覇し、地球連邦政府を誕生させた。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「ケロイド」解決編>
 原発党は、「復興と絆」の名の下で消費税を30%に増税。全ての原発を再稼働し利権をむさぼった。やがて国土に放射能が蔓延し人口が激減した。その為、国外追放にした脱原発派に帰国を求めた。帰国した脱原発派が見た物は、ケロイド状態と化した原子力村の群衆だった。


<原子力村 癒着の相関図>
メディアを操り国民の目を欺き、多くの人々を被爆させた罪を償うどころか、未だに原発で金儲けを続けようという組織や人間は、糾弾されなければなりません。

 『原子力村 癒着の相関図』
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「自動処刑」解決編>
 2212年、0歳児から脳にマイクロプロセッサとGPSが埋め込まれた。国は、国民の思想や行動を予知し監視した。もし不審な行動があれば、脳を操作したが、制御不能になると自動的にマイクロプロセッサが破壊され処刑された。国民は缶詰加工された人肉を食べていた
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「棺の中」解決編>
 告別式で僧侶の読経と焼香が始まった時、老人は驚いた。死んだ筈の妻が喪主だったのだ。更に老人は棺の中を見て愕然とした。そこには、自分が収まり花で埋まっていたのだ。周りを見ると葬式に出席した老人の友人たちは、全て故人だった。老人は、妻に看取らて永眠していた。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「幽体分離」解決編>
 殺害現場の縁の下から包丁が発見され、妻の指紋が採取された。
検察は、議員の妻を殺人罪で起訴した。ところが妻は、原発事故の犠牲者が幽体分離し移乗生体になって操作されていた。同様な事件が、いたるところで発生し、原発を推進した議員が身内に殺害され壊滅した。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「火葬場」解決編>
 警察は防護服を着用して現場に到着した。現場検証の結果、土壌の放射線量が著しく上昇していた。近郊の火葬場では連日、被曝者が火葬されていた。夏祭りの日も「火葬セシウム灰」が大量に降り注ぎ、何も知らされなかった村人が被曝死した。その後、村は死の村となった。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「線香」解決編>
 通報を受けた警察は急遽、葬儀場に向かった。しかし現着したときには、既に遺族と通報者の息は途絶えていた。更に刑事も現場検証中に倒れた。葬儀場には「線香」の煙が蔓延し、原料から猛毒の放射性物質が検出された。その後、葬儀に出席した政財界人も次々と被曝死した。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「ボウフラ」解決編>
 記者室で現場検証をしていた刑事も悲鳴を上げて倒れたが凶器は見当たらなかった。遺体から『蚊』に刺されたような小さな傷が見つかった。
屋外を捜査すると、側溝の水たまりにボウフラが湧いていた。側溝の水は、高濃度の放射能で汚染されセシウム蚊が大量に発生していた。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「液体窒素」解決編>
 助教の手帳には、事故当日の教授とのやり取りが記入されていた。責任者の教授は、記者会見の席に一度も姿を現さなかった。
警察は、助教を業務上過失致死の容疑で被疑者死亡のまま書類送検し、教授をお咎め無しとした。教授会は全教授から弔慰金を募り、院生の遺族に贈った。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「庁舎爆破」解決編>
 検察は警備員の目撃証言である「犯人に似ていた」を「犯人を現認」に改ざんした。裁判は目撃証言が決め手となり、被告に死刑判決が下された。
爆弾を仕掛けた実行犯は特別職まで上り詰めた。一方、警備員は裁判で嘘の証言をした事を後悔しながら死刑囚より先に病死した。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「恵庭OL殺人」解決編>
 犯行当日は風が強く、気温は氷点下だった。灯油の着火点は450度。容疑者が所持していたガスライターでは氷点下での着火は不可能であった。科捜研は、遺体を焼いたのは灯油ではなく、航空燃料であると断定した。捜査線に被害者の知人が上がったが謎の死を遂げた。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「双生児」解決編>
 医師と看護師は、若い女性の患者に1万年前の日本に、タイムスリップすることを勧めた。整形手術不能の患者はタイムマシンで、2012年の日本に移動し第二の人生を歩んだ。一方、1万年後の日本では医師と看護師のように二人が合体した結合双生児が新しい日本を築いた。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「OL殺人」解決編>
 一方、外国人のDNAも一致しなかった。容疑者となった電力会社役員は取り調べ中に吐血して倒れ死亡した。
科捜研の鑑定によると役員は、内部被曝によりDNAの損傷が進行していたという。その後の裁判で、『被爆者のDNA鑑定結果は証拠として採用しない』事になった。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「白い猫」解決編>
 再び居間から玄関を見ると、やはり白い猫が三輪車のペダルを回す姿が見えた。今度は玄関から居間を見ると、白い干し物がヒラヒラと揺れていた。それがガラスに反射して三輪車と合成され、白い猫がペダルを回しているように見えたのだ。だが裏庭で、飼い猫が死んでいた。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「夜泣き人」【実話】解決編>
【実話】 病室の中を見渡すと、なんと老婆が、赤ちゃんの声で泣いていたのだ。老婆は3年ほど前に、脳の病で幼児程度の知能に低下した。
老婆の夫が付き添っていたが過労と心労で病死した。夫が亡くなったことを知ってか知らずか、老婆は毎夜、夫を呼ぶように泣いていた。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「偏西風」解決編>
 危機を感じたツイッターは、原発周辺の住民に避難を勧めた。
そして原子炉が大爆発した。数日後、放射線量が減少し避難した住民は助かった。一方、海外に脱出した富裕層らは、入国を拒否され、航空機や船舶は『偏西風』に乗ってきた大量の放射能に晒され全員が被曝した。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「宴会殺人」解決編>
 警察が、管理人から事情を聞いたところ、社員らは、寮の池で獲った『ドジョウの料理』を囲み宴会をしていたと言う。
科捜研がドジョウを鑑定したところ、セシウムが検出され、社員の死因と断定した。ドジョウは、総理官邸の池から水路を通り、社員寮の池に棲みつき大量増殖していた。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「健康殺人」解決編>
 電力会社の社長には持病があり、民自党議員から『健康に良い』と勧められて毎日プルトニウムを飲んでいた。
警察は議員を放射線取扱法違反の疑いで逮捕した。しかし東大教授は『プルトニウムは食べても大丈夫』と警察に異議を唱えた。
警察は社長を病死として処理した。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「介護殺人」解決編>
 警察の捜査で、医師は処方箋を週に一度、家族に渡していた事が分かった。家族は父親に、薬の説明をしたが、認知症であるため過剰に飲み続けていた。警察は、家族を保護義務違反として捜査を続けたが慰安旅行が続くため中止した。翌年、家族は数億円の遺産を相続した。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「魂は千里を走る」解決編>
 警察は、瓦礫置き場から持ち出された『5寸釘』を凶器と断定した。
科捜研の鑑定で、『5寸釘』から高濃度の放射性物質が検出され、社長の致命傷とされた。犯行の動機は遺恨だった。
被疑者の魂は、秋葉原から千里離れた家族の元へ戻った。避難所での目撃情報は集団幻覚だった。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「中元殺人」解決編>
 警察は、塩引サケにプルトニウムが混入した事が死因としたが、北大教授は『プルトニウムの致死量は32g』と反論したため、学者を病死として処理した。数日後、学者の葬儀が行われ火葬にされた。その骨揚げで遺族全員が被曝し、火葬場周辺にプルトニウムが拡散した。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「感電死」解決編>
 警察は、官邸に引き込まれた電話線に、六千ボルトの高圧電線が接続されているのを発見した。更に変圧器が時限装置により、特定の日時に高電圧が加わるように設定されていた。
警察は通話記録で犯人を特定したが、国際電話であった。数日後、官邸の池にドジョウが浮いた。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「密室殺人」解決編>
 銅棒はアース棒で、抜かれた時期は不明であった。
その為、浴槽が電気的に接地されない状態に陥り、電気設備からの漏電により、被害者は感電して心筋梗塞を起こした。
警察は聞き取り調査を行いアース棒を抜いた容疑者を割り出したが、昨年の3月11日に病死していた。
戻る
 
目次へ
<怪談奇談「不能犯」解決編>
 目撃者は毎晩、妙な音を聞いていた。近所の住民が音がする家の方に行き、窓から中を覗いてみると、容疑者が『神棚の前で被害者の名前を書いた藁人形に5寸釘を打ち付けていた』のである。丑の刻参りである。
丑の刻参りの噂を知った会社役員は狂死した。犯行は『不能犯』として扱われ不起訴になったのである。
戻る
ページトップへ
 
目次へ